fc2ブログ

記事一覧

7月といえば「七夕(たなばた)」ですが、その名や、由来等について

「えいしん」です。



7月7日は、「七夕」ですね!



色々な大きなお店では、七夕飾りと「短冊のサービス」で、お客様が色々な「願い事」
を付けています!



今までは、「彦星様」と「折姫様」の「1年に1回のデートの日」として、夜に晴れる
と良いな~、位に考えていました。



また、「七夕飾り」の短冊に、自分の希望を書いて、笹の枝に吊るす、その様な、年中
行事的なイメージでした(;笑)。



しかし、このブログを始めて、この「七夕」について思う事は、「七夕=たなばた?」、
何故、この様な読み方になるの??・・・でした(;笑。もう、殆ど病気です!)。



私的には、7月7日の「7日=七」でしょうし、夕方から、「折姫様と、彦星様の
デート」開始でしょうから、「夕方=夕」といった感じで、何となく、「七夕」の文字
の意味する所を感じることが出来ます(間違っているかもですが;笑)。



それでは、以下、「ググった」内容について、その概要をお伝えします。



七夕の行事は、中国が始めだそうで、日本には、奈良時代に伝えられて定着していった
そうです。



この行事のことを、中国では乞巧奠(きっこうでん)と呼ぶそうですが、若い女性が
お裁縫や手芸の上達願って、毎年7月7日にお祈りするそうです。



奈良時代でも、乞巧奠(きっこうでん)が行われるようになったそうですが、当時は
「七夕」のことを「たなばた」ではなく、「しちせき」と呼んでいたそうです。
(これも、「七=しち」、は理解できますが、「夕=せき」???分かりません!;笑)



ちなみに、「七夕」は、「(7月)7日の夜」という意味を持つそうです(私の考えた内容
に結構近くて、ほっとしました!;笑)。



しかし、この、「しちせき」が、何故「たなばた」と呼ばれるようになったのか、
とても気になる所です。



読み方の起源については、まず、七夕の由来とされる、3つの説があるそうです。



<七夕の由来といわれる3つの説について>

① 七夕伝説

乞巧奠(きっこうでん)の誕生には、織姫星と牽牛星のお話が関係しているそうです。


【織姫星と牽牛星のお話】

古代中国の最高神、天帝の娘、織姫は、働き者の牛使い、牽牛(彦星)と結婚した
そうです。

機織りが上手で、働き者だった織姫ですが、彦星と結婚してからは仕事をせず、
彦星と一緒に遊んでばかりいたそうです。

怒った天帝は、2人を天の川の東と西に分けて住まわせてしまったそうです。

ところが、2人は働くどころか、毎日泣いてばかりいたそうです。

そこで天帝は、1年に1度会うことを許し、2人は毎年7月7日に会えることになった
そうです。

以上、このお話は、正に「七夕」のお話ですよね。


② 乞巧奠(きっこうでん)

これは先ほどお話した通りですので、詳しいことは省略しますが、機織りの星、織姫
にあやかって、芸事の上達を祈る、という七夕の始まりと言われる行事だそうです。


③ 日本の神事「棚機(たなばた)」

日本では古くから棚機(または棚幡)という禊(みそぎ)の行事があったそうです。

簡単に言うと、身を清めた乙女たちが、五穀豊穣を祈って機を織り着物などを作って
捧げることだそうです。

そして、仏教の発展とともに、棚機は、お盆の7月7日に行われるようになったそう
です。

ちなみに、選ばれた乙女のことを棚機津女(たなばたつめ)と言い、棚機津女が使った
機織り機のことを「棚機(たなばた)」と呼ぶそうです。

日本独自にも、七夕につながる風習があったとは、とても興味深いと思いました。



では、なぜ「たなばた」と言うのでしょうか?



まず、「七夕伝説」から始まった中国の「乞巧奠」が、奈良時代に日本に伝えられた
そうです。

「乞巧奠」は、7月7日の夜に行うことから、宮中では「七夕(しちせき)」と呼ばれ
たそうです。

そして、この中国から伝えられた行事が、宮中から一般に浸透するときに、日本で元々
発展していた「棚機津女の信仰」が加わり、七夕のことを「たなばた」と呼ぶように
なったということです。



という事で、3つの説がそれぞれ関連している様です。



「中国の織姫の伝説」も、「日本の棚機津女」も、「機織り」と「7月7日」という
共通点があるので、混ざり合った、という説が有力な様です。



今回の「七夕」の由来や語源については、色々と複雑な感じがしますが、結局の所、
「神様の1年に1度のデートの日」というロマンチックなイベントですので、私と
しては、「晴れて丸見え」よりも、「曇って2人きりのデート」にしてあげた方が、
「グッジョブ!」だと感じている、今日この頃です(;笑)。



それでは、お疲れさまでした。
スポンサーサイト



コメント

えいしん様、おはようございまーす

七夕=たなばたの言葉、不思議ですよね
さっそく調べていただき、たいへん参考になりました。

当たり前に使っている単語、言葉など じつはその一つひとつには、いろーんな意味や歴史があるものですねv-290

もう七月です。近所のスーパーにも七夕飾りがそろそろセットアップされている事でしょうね。

お疲れさまデース☆☆

こんばんは!

函館の七夕は子供が見ず知らずの家に訪れて歌を歌ってお菓子をもらうという風習があります(^-^;
最近は物騒な世の中となったので親と同伴して個人宅ではなく主に店や会社等を回るだけになった様ですね(^^)

No title

七夕も馴染み深いイベントですが、
確かに由来は意外と知りませんよね。
中国が始めて奈良時代に日本に渡って来たんですね~。
今でこそ日本では当たり前のイベントですが、
由来を調べてみるのも面白いものですね(´∀`)

No title

こんばんわ
確かに曇っているほうがお忍びデートっぽいですね~

No title

たしかに七夕をたなばたと呼ぶのは不思議ですよねー。
自分も前から疑問に思ってました。
日本古来の風習と中国伝来の風習が混ざって七夕になったと
いうことなんでしょうかねー。
またひとつ勉強になりました。

ふわ~

ものすごく複雑なんですねー。
でも愛し合う二人の
ロマンティックな行事でいいですよね。
なのにいつも梅雨時で
晴れるかどうかハラハラで
お二人かわいそう。
今年は、晴れるといいな。

こんばんは^^

今時の日本では珍しい、『クリスマス』並みにロマンティックな夜『七夕』がやってきましたね^^
今の日本のイベントはもう、海外イベントに駆逐され寸前ですからねぇ・・・
『雛祭り』と『七夕』が、最後の砦です!
それにしても『七夕』の語源・・・もしも『棚から牡丹餅』だったら、どうしようかと^^;
ロマンティックなイベントの語源が『たなぼた』じゃなくて、ホッとしました^^;

お邪魔させていただいております!

えいしんさんは、お優しいですね。
晴れて丸見えよりも曇っていた方が、「2人きりのデート」という感じになりますね。
明日の七夕。
自分の住んでいる地域は恐らく曇っているので、織姫さんたち、2人っきりの甘い時間を過ごせるのではないかなと思います(*^^*)

がちょー様、コメント有難うございました!

がちょー様、えいしんです。

とんでも有りません、更新も遅く、いつもご心配
おかけして申し訳ありません。

普段、何気なく使用している「言葉」なのですが、普通の
「読み」と全く異なるものがあり、とっても「不思議」です。

七夕飾り、色々なお店で飾られていますね!
そういえば、七夕飾りに、願い事の「短冊」を付けたものは、
その後、どうするのでしょうね!(;笑)。

来年の「七夕」のねた、発見です!(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。





黒猫様、コメント有難うございました!

黒猫様、えいしんです。

七夕の日の、函館の風習、とっても興味あります。
これって、「知らない家に行き、(歌を歌って)
お菓子を貰う」というのは、何だか、「ハローウィン」
に似ていますね!(;笑)。

仰る通り、知らない一般家庭に子供が行くのは、何だか
とっても危険な感じですよね~!(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

ツバサ様、コメント有難うございました!

ツバサ様、えいしんです。

仰る通り、「七夕」といえば、本当に「なじみ深いイベント」
だと思います。
しかし、日本独自のイベントかと思いきや、外国からの伝来
という感じで、ビックリですね!(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

もっさん様、コメント有難うございました!

もっさん様、えいしんです。

私は、お星さま同士の「デート」が、地球の「雲」
で「中止」になるとは、思っていませんので、地球人
が空を見上げての「公開デート」も良いですが、プライベート
を大切にするのも「良いな~」と思います!(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

ponch 様、コメント有難うございました!

ponch 様、えいしんです。

「七夕=たなばた」、本当に、日本の言葉は、面白いものが
多いと思います!(;笑)。
ひょっよしたら、「たなばた=棚機」という名称になっていた
のかも知れませんね。

それでは、お疲れさまでした。

TYPE MM04 様、コメント有難うございました!

TYPE MM04 様、えいしんです。

確かに、地球の空が曇ると、「折姫様と彦星様」の
デートの様子が観れませんよね~!
でも、大丈夫。お二人は、「お星様」ですので、地球
の天気の影響は、「全く関係無く」デートを楽しまれ
ていると思いますよ!(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

クリューガー少佐@航空機用電源車製作中!様、コメント有難うございました!

クリューガー少佐@航空機用電源車製作中!様、えいしんです。

仰る通り、「ロマンティック」な行事ですよね~!

お~~!「七夕・・・たなぼた!」、少佐様、グッジョブです!
(少佐様に、座布団2枚!~;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

まー様、コメント有難うございました!

まー様、えいしんです。

七夕は、「お星様同士のデート」ですので、地球人が
見えても、曇って見えなくても、毎年、必ずデートは
出来ていると思います!(;笑)。
「公開デート」か「非公開デート」かの違い位かと思います!(;笑)。

それでは、お疲れさまでした。

No title

なるほどー。
七夕は中国と日本の行事なのかしら??なんて思い始めました。英語で七夕を調べてみたら、The Star Festivalって感じで、英語圏ではないお祭りっぽいなぁって思ったので。

芸事の上達を祈るってことは、「上手に泳げますように」「スポーツの大会で優勝しますように」っていうような、子供たちの願いにはよさそうだなって思いました。私は「健康」だったけど、七夕では、もっと違うことを願ったほうが叶いそうだなって思いました(*´Д`)

sachi様、コメント有難うございました!

sachi 様、えいしんです。

仰る通り、中国から日本に伝わったという説があるようです。
流石!、英語からすると、「星のお祭り」的な意味合いのようで
すので、何となく「後付け」的ですよね!
七夕、ご家族皆様、「短冊にお願い」されたのですね~!
きっと、皆様のお願い、叶うと思いますよ!

それでは、お疲れさまでした。

時間が経ってしまいましたが…

私も、七夕について調べたいなぁと思っていたのですが、調べずに過ぎてしまいました。
代わりに調べて頂いて、ありがとうございます♪

津軽美人様、コメント有難うございました!

津軽美人様、えいしんです。

とんでも有りません。私は、私が知らない事で、興味のある事
を調べているだけで、お恥ずかしいです。

それでは、お疲れさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

お勧め案件①

お勧め案件②

プロフィール

えいしん

Author:えいしん
FC2ブログへようこそ!
「えいしん」です。
日々の自身が体験したことや、思ったこと
等、自由に書いていきたいと思います。

ランキング

応援クリック宜しくお願いします!
気まぐれ日記 ブログランキングへ

アクセスカウンター

ponch様より頂きました(左の「ヒマラヤン」が私です)!

ponch様より、イラスト 20170422 2010395cds

「まー様」に描いて頂きました!

けせらせら様より ムーミン

せせらぎのさと蔵王「島画伯」より、「風の谷のナウシカ」頂きました!

風の谷のナウシカ

せせらぎのさと蔵王の「島画伯」より、「魔女の宅急便」頂きました!」

魔女の宅急便

ポンチ様より拍手2222回記念の画を頂きました

ポンチ様より 20180917195340dc1トリミング

MM様より「島画伯作品」を着色して頂きました!

MM様より ナウシカ 着色

MM様より、またまた!「島画伯作品」を着色して頂きました!

MM様より 魔女の宅急便 着色

ブロとも申請フォーム

アルバム